69nersFILM [BLOG]

cinema caf-cons
<BLOG>

上映週間スケジュール・ショップでの展開内容・上映会場の様子・レポーターのコメント等々を更新していきます。


チェコ、そして昭和のにおい。

先週末の土日はポヤル監督作品上映@ピクニカでした。
沢山の方にご来場いただくことができました。
ありがとうございました!



前回の感想に引き続き、
co.zakka+古さんの素敵な空間も然る事ながら、
今回の催しでご縁あって関わらせていただいた方々からも
素敵な昭和のにおいを嗅ぎ付けました。(勝手ながら)

まずは、なんといっても、ピクニカさん。
チェコの1960年代〜社会主義崩壊までに作られた、
映画ポスターと装丁本を展示されています。
(日本でいうと、昭和の頃)

ポスターひとつとってみても、当時社会主義体制だったチェコでは、
広告物なんてものはなかった訳で、
それだけではありませんが、抑制されていた表現というものの
発散が映画ポスターにも現れているようです。
その発散は、暗くて後ろ向きなんかではなく、
前を向いて、パワフルで、個性にあふれているのです。



そんな、素敵なポスターたちが、
今回の展示では、これまた素敵な額縁にはいっているのです。
木工家具のアコーデオンさんに作っていただいたそうです。
箱形や、昔の日本の磨りガラスを使った額縁です。
あぁすてきな昭和のにおい。

続きましての昭和のにおいは、こちら。



上映当日ご来場の方にお配りした「月の温」クッキーです。
なんと、チェコのマッチラベル付き。
一見、ふつうのクッキー。
しかし、食べると、なんと。
甘さひかえめで歯ごたえよく、素朴でなつかしさを感じる
とても美味しいおやつでしたよ。


そうです、もうお気づきかと思いますが、
チェコなのに昭和まで感じさせてくれるという
なんとも素敵でお得な催しなのです。

ぜひとも足をお運びくださいませ。

そして、69'ners運営の佐賀の映画館シエマでは、
チェコを代表する巨匠イジー・メンツェルの
最新映画「英国王給仕人に乾杯」上映記念として、
4月29日(祝)〜5月12日(火)まで、「チェコの映画ポスターとブックデザイン展」の佐賀巡回展が決定しております。
展示ポスターの中には、イジー・メンツェル監督のものもありました。

映画とあわせて、お楽しみください!

***********
「英国王給仕人に乾杯」シエマ
4月25日(土)〜5月1日(金)11:00/15:40
5月2日(土)〜5月8日(金)13:00/18:20

| 69blog | イベント報告 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |


コメント






この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

<< 『チェコの映画ポスターとブックデザイン展』はじまりました。 | main | 宮本先生と鈴木先生。 >>

| / |


メールマガジン配信中

お名前 / メールアドレス