69nersFILM [BLOG]

cinema caf-cons
<BLOG>

上映週間スケジュール・ショップでの展開内容・上映会場の様子・レポーターのコメント等々を更新していきます。


佐賀、ほのぼの。

すっかり春らしくなってきました。
いつのまにか、桜もそこかしこで満開。。

春は街の空気も人をとりまく空気もほのぼのしているみたいです。

突然ですが、
佐賀のほのぼのレベルは類稀にみる数値だと思うんです。

CIEMAができてから、
月に数回は福岡から佐賀へ電車でいく機会があります。

CIEMAは佐賀駅から、徒歩20分くらいなので、
私は駅のバスセンターからいつもバスにのって、
近くのバス停までいっています。
(5分くらいバスにのって、そこから徒歩5分くらい)

そう!早速のほのぼのエピソードそのいち!
佐賀の市営バスに乗車している5分の間に
何度ほのぼのな光景に出会ったことでしょう!

佐賀では、福岡のように、バスを生活の足として活用している人の
割合は少ないのか、
バスは確実に座ることができ、
乗車しているのは基本的におじいちゃんとおばあちゃん、
たまに通学の小学生。(しか私はみたことがありません)

たまに、ヤングが乗っていると、「おっ!」なんて
思ってしまうくらいです。

そんなかんじでバスに乗り、なにげなく外をみていたら、
次のバス停にひとりのおばあちゃんが↓↓



なんと、
自分はこれには乗らないから、止まらなくていいよ
と教えてくれているんですね。

そして、バスも、その合図をうけて、そのまま通過。

それは本当に自然なコミュニケーションで
見逃しそうなくらい。
「雨が降ってるから傘をさす」のと同じくらいでした。

「ほ〜」とひとりで感心しながら、
本当にほのぼのとしたひとときを過ごしました。

そして、また次の機会。

ぞろぞろとおばあちゃん軍団が乗りこんできて、
さあ出発のタイミングになったときに、
おくれてきたおばあちゃんが、前の降車口から乗り込もうとして、
「あ、ちがった」ともどろうとしたら、
運転手さんが「よかよ〜」と声をかけていました。

そして、そのバスは、
まるで修学旅行のように、
おばあちゃん同士、話に花を咲かせていました。
(たぶんそんなに知り合い同士ではない)
(降りるときは結構クールにだまってバスを降りる)

またその光景に、
遠い目になりながら、ほのぼのとした気持ちで満たされたのでした。

佐賀のほのぼのは、独特。
佐賀市内はたんぼが広がっているような田舎ではなくて
オフィス街もきちんとある、むしろ都会。
なのに、流れている空気が絶妙です。

シエマへお越しの際にはぜひ一度
お試しあれ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
只今、イムズの地下2階にて、
「九州ぐらしvol.7×デザイニング展
『わたしのばしょ』展」
でシエマが展示をしていますので
ぜひお立ち寄り下さいませ!
2010/3/17-4/19

| 69blog | CIEMA(シエマ) | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |


コメント






この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

<< 九州初!チェコ語教室、はじめます。【福岡・佐賀】 | main | いよいよ!松江哲明監督&前野健太さん、来福! >>

| / |


メールマガジン配信中

お名前 / メールアドレス