69nersFILM [BLOG]

cinema caf-cons
<BLOG>

上映週間スケジュール・ショップでの展開内容・上映会場の様子・レポーターのコメント等々を更新していきます。


復活!!

前回ブログを更新したのは、たしか8月末日。。。
もはや、また3週間たっている!!
のはずが。。。ここ数ヶ月の軌跡が。。。

ブログ機能が新しくなり、その移行にともない、
今年2月以降の記事がパソコンの中にもぐってしまいました。。。
大変失礼しております!!

その代わり、

ツイッター機能がついてる〜・:*:・(*´∀` *)
いいね!機能がついてる〜・:*:・(*´∀` *)

と、めったに使わない顔文字を使ってしまうくらいびっくりの
新機能満載で復活しました。

文明についていくのに必死です。


話は変わりますが、ここ数年、自分の中にもくもくとめばえていることとして、
「動物との共存」「自然との共存」があります。

『チェコ語教室』でお世話になっている東欧雑貨の店「picnika」さんでゲットした、このチェコの絵本も表紙にひかれました。



きっかけは、いろいろあったのですが、
某テレビ番組で、鳥のオスが小さい頃から求愛ダンスの練習に必死で取り組んでいる姿をみて、
「生き物はみなきょうだいだな〜!!」ととても思ったことも、おそらく1つだと思います。

私は幼い頃から、クモが大の苦手で、それはもう見るだけでも逃げまわるくらいでした。

でも、今、歴史ある建造物で生活していることもあり、
ちょっとした小さい虫などを屋内で見かけるのですが、
クモがそれを食べていたのを見かけました。

「これが自然の摂理!」と思い、その日からクモを同居人という意識で見るようになりました。
もう、あり得ないくらい大きいクモは別だと思いますが、ある程度大きいクモは友達です。

そして、そんなときに、
『セヴァンの地球のなおし方』というドキュメンタリー映画にであいました。
監督は『未来の食卓』のジャン=ポール・ジョー。

これからの未来のために、今何を考え、何をするべきか、
そういったことをまず「考える」きっかけをくれる映画だと思います。

この映画にご出演されている、合鴨農法の第一人者である福岡県在住の古野隆雄さんは、
すでに実践されている方です。
古野さんの考え方、行動されていることは、ほんとにすごいです。
すごいという言葉しか思い浮かばないくらいです。
動きはじめないと!と気づかせてくれるパワーがあります。

シアター・シエマでは、10/22(土)〜上映予定です。
そして、10/23(日)には、古野隆雄さんをお招きしてのトークショーを開催します!
詳細はこちらをご確認ください☆

http://ciema.info/index.php?itemid=2172

ぜひ貴重なこの機会に足をお運びくださいませ!!

私もお話をお伺いできることを、とても楽しみにしています。

| 69blog | CIEMA(シエマ) | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP |


コメント






この記事のトラックバックURL

http://blog.69ners.com/trackback/1425408

<< 謹賀新年2011 | main | 山あいにも海ぞいにも映画は似合う >>

| / |


メールマガジン配信中

お名前 / メールアドレス