69nersFILM [BLOG]

cinema caf-cons
<BLOG>

上映週間スケジュール・ショップでの展開内容・上映会場の様子・レポーターのコメント等々を更新していきます。


『市川崑物語』観ました。

先日、KBCシネマで現在公開中の「市川崑物語」を観てきました。
(3/16までだそうです)

市川崑監督といえば、「金田一耕助」でした。
「市川崑(いちかわこん)」という名前は知っていても、
実際にどんな作品を作るひとでどういった人なのか、よく知りませんでした。

岩井俊二監督が撮った「巨匠・市川崑監督」は、
とてもかわいくまっすぐなあたたかい人に映りました。

市川監督の奥さんであり、市川映画の名脚本家でもあった
和田夏十(わだなっと)さんがまたとてもすてきな女性。
大きな瞳がきらきらしていて、知的でいて家庭的で、とても「きちんと」している、
理想の女性でした。
良妻賢母ということばがぴったりの女性だと思いました。

この映画では「市川崑」というよりも「市川崑+和田夏十」に、
とてもかわいく愛しくあたたかく感じられる映画でした。

市川崑監督の作品をたくさん観てみたくなりました。

私は何か(映画でも音楽でも)をもっと知りたいと思う「きっかけ」は
いつも「人」のような気がします。 
スタートはこの人をもっと知りたい!と思うところから自分の興味はどんどん
広がっていくような気がします。

これからも映画を通してたくさんのすてきな人に出会えることが楽しみです。

そして、映画館でみる映画もやっぱり好きです。
その「2時間」は自分も、出演しているかのような勘違いさえしかけてしまいます。

毎日時間に追われて生活している方々、
たまには携帯電話の電源OFFの2時間をすごすことをおすすめします!!

| 69blog | 映画館で映画を観る | 13:28 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |


コメント

きっとすばらしい映画でしょう。うらやまし!!
チュウタロウはさけんでおります。
市川監督は何本かしか観てないですが、
「どら平太」みて興奮したのをよく憶えています。
痛快です。
そして「黒い十人の女」「股旅」など好きな映画が多いです。
もう100本くらい撮っているのではないでしょうか。
そんなこんちゃんの素顔を観れるなんて贅沢な。
岩井俊二監督だからきっと素晴らしいものに仕上がっているでしょうし、みたいな。
あと「恋人たちの失われた〜」が見たい!
お金があったなら・・・
お金がなければ好きな映画もみれないのです。
お金って大切ね。
最近立て続けにいい映画を観ました。
「イカとクジラ」「叫」
面白すぎて笑いがでます。おすすめです。

| チュウタロウ | 2007/03/10 12:08 AM |






この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

<< 上映スケジュール【3月5日(月)から11日(日)】 | main | 上映スケジュール【3/14(水)〜18(日)】 >>

| / |


メールマガジン配信中

お名前 / メールアドレス