69nersFILM [BLOG]

cinema caf-cons
<BLOG>

上映週間スケジュール・ショップでの展開内容・上映会場の様子・レポーターのコメント等々を更新していきます。


バカがみーるー、ブタのけーつー

これを見て下さってるあなたのこと!
ではないですよ。
なぜブタのけつなんでしょうね。
そんなこと知ったことではありませんよね。
この死語をいってるのは
ジョン・ルーリーとジム・ジャームッシュなんです。
しかも日本語で「フィッシング・ウィズ・ジョン」の中で言ってます。

先日クリームさんで上映された「フィッシング・ウィズ・ジョン」
を観てまいりました。
この映画はジョン・ルーリーというミュージシャンが
仲良しさんと釣りをするという自己満ドキュメンタリーなわけですが、
なぜ、こんな自己満で商売が成り立つかというと、
彼がすごいからで、彼の友だちもすごいからです。
ジョンはジム・ジャームッシュの「ストレンジャー・ザン・パラダイス」
の主演であり、ジャームッシュ作品で音楽も多く担当する人。
そして、この映画で彼と一緒に釣りをするのが、
ジム・ジャームッシュ、トム・ウェイツ、デニス・ホッパー、
ウィリアム・デフォー、マット・ディロンと超豪華。(一部の人には)

この映画を観る人の多くはこの人たち目当てでしょう。
でもね、それだけじゃないの。この映画。
どこかずれてる感覚がおもしろいったらありゃしないのです。

デニス・ホッパーと釣りに行ったタイでの獲物は
「巨大イカ」!
普通狙いませんよね。
巨大イカにはあらゆる生物を眠らせる催眠パワーがあるらしいのですが、
二人が船で獲物を待っててうとうとしているだけなのに、
ナレーションはすかさず、巨大イカの催眠にひっかかってると言う。
そりゃ違うでしょーよ。

ジャームッシュと狙うのは「サメ」!
さすがジョン・ルーリー。男がでかい。

トム・ウェイツは船酔いで機嫌悪くなったり、
釣った魚をパンツにいれたり。

いやーボクは釣りをしたことないのですが、
釣りがいかにすばらしいものかを教わりました。←どこで?
まぁまとめると、
釣りを誰かとするという行為で人間が浮き彫りにされるということが
よくわかる映画。

うさんくさいナレーションや、編集も含めこれは一見の価値あり。

そして、来月のクリームさんでの上映作品「日常」
これは観ないといけませんね。
おもしろそう。ほんとほんと

| hasegawa | リポーター | 02:05 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP |


コメント

チュウタロウさま、いつもありがとうございます。
ほんとに、ナレーションと音にはびっくりですよね。
この2つだけが、先走っているのか、
常にシリアスな方向にひとりでいこうとしてますよね。
そこがうさんくさおもしろいですよね。

来月もお待ちしてます!!




| 69staff | 2007/05/11 10:03 PM |






この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

<< 『FISHING WITH JOHN』@cream | main | ジェス・フランコ3部作!!予告編動画配信中!! >>

| / |


メールマガジン配信中

お名前 / メールアドレス